時代が追いついてきた(かも) クロカンスキー、やったことある?(前編)

ウィンタースポーツ
#クロスカントリースキー#信濃町#黒姫高原
クロスカントリースキー

冬のエクササイズはクロカンスキー、というニューノーマル

 

そうですね、クロカンですね。

みなさんはこんなフレーズ、最近よく耳にすると思いませんか?

「しねーよ」「そもそもクロカンってなんだよ」「クドカンのパロディ芸人か?」

ですよね、「クロカン」って言葉、日常会話に出てくること、そんなにありませんよね。

 

いやいや、そんなことはなさそうです。

今、全国のスポーツ愛好家(主に持久系)、アウトドア好き、いわゆるアクティブ層と呼ばれるひとたちの間では、当たり前の会話になっているようです。

 

・・・どんな時にそのフレーズ使うん。

例えばこうです。

 

パターンA

友人A「◯◯(名前)、山走るの速いよね。でも◯◯のとこ、雪降るよね?冬場のトレーニングってどうしてるん?」

◯◯「そうですね、クロカンですね。」

 

パターンB

友人B「△△(名前)、スキーやる?俺さ〜、学生の時にやって以来、全然やってないんだよね〜。」

友人C「今、遊びに行くなら外だよね〜。俺も久しぶりにやりたいな〜。△△はどう?ボード派だっけ?」

△△「そうですね、クロカンですね。」

 

ほらね、自然に出てきたでしょ?

そうなんです、今や冬場のトレーニングやエクササイズ、もっと言うとレジャーのひとつとして、「クロカン」はニューノーマルとなっているのです。

しかも、信越エリアにおけるクロカンとは、「起伏あるコースを走るランニング」ではないのです。

こちらの地域でクロカンと言えば「スキー」、小学校の授業にもなっているのです。

 

信越エリアを代表するトレイルランナーの一人、山田琢也さんもその魅力について語っています。

と言いますか、クロカン愛が強すぎて事業も始めてしまいました。

ここまで読んで、「クロカン」のフレーズが頭から離れなくなった方は、もうやった方が早いです(笑)

詳しくはこちら

 

てか、なんかガチなイメージが強いんですけど・・・。

アスリートの世界じゃん・・・なんだかとっつきづらい感じ・・・。

めっちゃ苦しいやつでしょ?求めてるのそういうんじゃないから。

 

 

ほらね、やっぱりこういう感じじゃん。。。

 

ですよね、そう思いますよね。

でも、正直やらなきゃ損なんです、言い切れます。

なぜそう言い切れるのか、その自信はどこから来るのか。

紐解いてみましょう。

 

いざ、クロカンの世界へ

 

ロケーション抜群、黒姫童話の森スノーウェーブ(信濃町)に突撃!!

「クロカン興味あるんだよね〜」、こないだ何気ないガールズトークの中に登場したそのフレーズ、私は聞き逃しませんでした。

ということで、ガールズトークの渦中にいた女子2名と後輩(元クロカン選手)をスカウトし、半ば強行でクロカンロケに出発。

 

クロカンデビューの地に選んだのはここ、黒姫童話の森スノーウェーブ

黒姫山の麓に広がるフィールド、こんなとこ滑れたら、気持ちいいに決まってる。

黒姫高原スノーパークに隣接しているので、気になっていた方もいたのでは?

 

現場着、まずは受付です。

女子「えーと、私たち、そもそも道具がないんですけど、、、」

ご安心ください、現場にて用具一式、レンタルできます!!

 

そうなんです、ゲレンデスキーと同じように、自分の道具を持っていなくてもレンタルという手があるのです。

フムフム、少し太め、ツーリング寄りの板で、ビギナーでも滑りやすそうですね!!

しかもこのビンディング、最新式じゃないですか!

私や後輩の板より具合よさそう。(私の板は15年前、後輩の板は10年前のモデル)

 

黒姫童話の森スノーウェーブ

長野県上水内郡信濃町黒姫高原3807

営業期間 〜2021/3/31

営業時間 9:30〜16:00

使用料等 高校・大学・一般:500円 中学生以下:300円
※信濃町在住者は、高校・大学・一般:300円 中学生以下:150円
※障がい者、同介助者割引制度がありますので受付へ申し出てください。

クロスカントリースキーレンタル  1日:2,000円、半日:1,500円
※サイズなどお問い合わせの上、ご予約いただくことをおすすめします。

 

いざ!!出発!!

 

後輩「慌てないでください、まずはフラットなコースを利用して、この細い板に慣れることから初めましょう!!」

さすが、やはり最初が肝心ですからね。(この後輩は半分が優しさでできています)

コーチ無し、個人で楽しむ場合もここがポイントです。

まずはフラットなスペースでスキーに慣れること。

これを怠ると、ただのキツイ根性トレーニングになります。

黒姫に吸い込まれるように滑っていく、ロケーションが最高なんですよね。。。

 

後輩「ちょうどいい坂がありますので、上り下りの練習もしておきましょう!!」

「ウロコ(歩きやすいよう、スキーの裏側に溝がある)なので、上りやすいと思います。うまく上れない場合は逆ハの字で!」

「下りはボーゲンです。エッジがないので少し不安定ですが、基本はアルペンスキーと同じです!」

 

後輩「だいぶ慣れてきましたね!それでは、ツーリングに出かけてみましょう!!2kmコースいけるんじゃないですかね!!

女子「えー、いけますかねー、まだ開始40分ぐらいですけど、、、」

後輩「大丈夫ですよー。コースに出れば、不安<楽しい、不安定な足元<キレイな景色、こんな感じで楽しめますから!!

ホントかよ!!やはりコイツも体育会系だったか(笑)

分岐には看板があるので、道迷いの心配はありません。

 

うん、間違いない、クロカンスキー発祥の地である北欧を思わせるようなロケーション。

コースに出てよかった!!

 

女子「どうする?何だかもっといけそうじゃない?」「でも、お腹減ってきたから戻りません?」

無理は禁物、はじめてのクロカンですし2kmにしましょう、ということで落ち着きました。

 

ゆるやかではありますが、当然、コースには上りも下りもあります。

ここで序盤のレッスンが効いてきます。

カラマツ林の中をゆっくり下ります。

 

これ、私が撮影中に調子こいてコケた時に偶然撮影された1枚。

前や下ばかり向いて、ストイックに滑っていたのではもったいないですね。それはそれで楽しい世界なのですが(笑)

 

周回は、、、しません!!ゴールは近い!!

 

いけました!!2kmコース、完走です!!

 

走り終えた充実感に浸ります。たかが2km,されど2km、クロカン2kmの充実感はハンパないです。

なぜか後輩の笑顔がステキすぎることにも触れておきましょう。

 

オフショット。

コース管理の方と、ローカルなクロカン談義で盛り上がります。スキートークは信越エリアの共通言語。

初対面なのにどこかで会っていたかのような、あまりにも自然な会話。

というか、絶対どこかで会っていたと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうざいます。

コアな内容で始まり、途中からマイルド路線にシフトしていったこの感じ、まるで朝イチのカリカリバーンから徐々に融けてきて優しくなったコースのようですね。

 

はじめてのクロカンで2kmを完走した女子2名、何やら次のプロジェクトを計画しているようです。

ということで、後編に続きます。ご期待ください(笑)

 

本日のまとめ

  • クロカンデビュー、ロケーションのいいコースでその気持ちよさを感じることから始めましょう。
  • 現場、もしくは現場近くで用具をレンタルできるコースがおすすめ。
  • 無理は禁物、細い板に慣れることからスタート。まずはフラットなスペースで足慣らし。
  • 短くゆるやかな坂で、上り下りの練習をしてからコースに出ましょう。
  • 選手が練習していることがあります。譲り合って使用しましょう。
  • 何より大事なのは天気です。デビューの日は晴天を狙っていくとよいでしょう。

 

 

 

名称 黒姫童話の森スノーフィールド
住所 信濃町黒姫高原3807
電話番号 026-255-6720
営業時間 09:30 〜 16:00
Webサイト http://douwakan.com/snowwave
備考 今シーズンの開放は3月31日までの予定です。 詳しくはwebサイトにてご確認ください。

SEARCH

時代が追いついてきた(かも) クロカンスキー、やったことある?(後編)

スノーシューに挑戦!癒しの絶景をお届けします。

厳冬期だけの極上体験!湖上のスノーシューフィールド