スキーをしても、しなくても楽しめる!信越自然郷おすすめスキー場4選

ウィンタースポーツ
#グルメ#スキー#スノーシュー

地元観光案内所のスタッフだから知っている、ガイドブックに載っていない情報も

トンネルを抜けると…そこは豪雪地でした。新幹線で長野駅からたった10分で白銀の世界へ。

スノーアクティビティ天国、信越自然郷へようこそ!海外のスキーヤーにもパウダースノーとして注目度が高まっている、まさにCOOLなこのエリア。そんな信越自然郷でオススメのスキー場と、スキーをしなくても楽しめるHOTな情報を飯山市、栄村、野沢温泉村の地元スタッフがお届けします。

【目次】

1)世界のグルメが楽しめる!?飯山市のスキー場

・パウダースノーが海外でも人気 斑尾高原スキー場
・ゲレンデを自転車で駆け降りる 戸狩温泉スキー場
・飯山の冬の風物詩 かまくらレストラン
・スノーシューもやってみよう なべくら高原・森の家

2)豪雪とトマトと温泉と 栄村のスキー場

・トマト抜きでは語れない さかえ倶楽部スキー場
・さらなる豪雪の高みを目指すなら 切明温泉

3)食べて、すべって、あったまる 野沢温泉村のスキー場

・人気ゲレ食にも野沢菜!野沢温泉スキー場
・温泉でじんわりあったまる!
・温泉街でスイーツを味わおう!

 

1)世界のグルメが楽しめる 飯山市のスキー場

最初にご紹介するのは、長野県飯山市の2つのスキー場です。

ここからは、飯山駅観光案内所スタッフ 金澤がご案内します。

パウダースノーが海外でも人気 斑尾高原スキー場

標高1,000mに広がる斑尾高原は、100%天然雪のスキーリゾート。豊富な積雪量で非圧雪パウダースノーを楽しめるほか、林の中を滑るツリーランコースは日本一のコース数を誇ります。タングラムスキーサーカスと隣接しているため、共通券を利用すれば合計49コースの、エリア有数のビックゲレンデとして楽しむことができます。

 

たっぷり滑ってお腹が空いたら…アメリカンなハンバーガーはいかがでしょう。

「AKI’S BURGER  inチロル」のアンガス牛を使用したジューシーパテのハンバーガーは、見た目からしてアメリカン!どうやってかぶりつけばいいか考えてしまうほどボリューミー。お腹も心も満たされること間違いなしです。また「AKI’S pup & café」ではオーナーこだわりのコーヒーやピザもいただけますよ。

 

AKI’S BURGER  inチロル

2022シーズンの営業は、年末年始・土日祝日限定です

AKI’S pup & café

スキー場オープンの間、毎日営業予定

 

スキー場の外にも、美味しい世界の料理のレストランがあります。

「レストラン ルドルフ」では、生地もソースも手作りの、本格石窯ピザが楽しめます。高温で一気に焼き上げるので、中はしっとり、外はパリパリの食感。半熟卵とチーズが絶妙に絡み合う「スピナッチ」など、ピザは10種類もあるので選ぶのも楽しいですね。

レストラン ルドルフ

※12/18(土)の斑尾高原スキー場のオープンに合わせ、営業再開

 

斑尾高原スキー場

21-22シーズン OPEN!

アクセス:上信越道 豊田飯山ICから約10km

 

ゲレンデを自転車で駆け降りる 戸狩温泉スキー場

雪ちゃり」って知っていますか?

雪の上でも走行できるタイヤの太い自転車「ファットバイク」でゲレンデを滑走する、新しいウインターアクティビティです。戸狩温泉スキー場には、全長2,000mの距離をガイドさんと走ることのできる雪ちゃりスノーライドツアーがあります。

通常の自転車のように、ブレーキとハンドルでラクラク操作ができるので、ゲレンデ初心者でも気軽に挑戦できるのが良いところ。子供用の自転車もあるので、ご家族やお仲間でワイワイ楽しめます。自転車もリフトに乗せてゲレンデの上に運ぶのですが、その光景も面白いですよ。

戸狩温泉スキー場

21-22シーズン OPEN!

アクセス:上信越道 豊田飯山I.Cから18km

雪ちゃりスノーライドツアー

今シーズンよりガイドツアーで雪ちゃりが楽しめます

 

スキー場内の「星降るレストラン」は昨シーズンより「アジアン食堂」として営業しています。ベトナム料理の「フォー」、タイ料理の「ガパオライス」、他にもアジア風のおつまみやドリンクもあります。

星降るレストラン アジアン食堂

 

もっとアジアを極めたい方は、ぜひ「タイ料理 クアタイ」へどうぞ。

タイ出身のお母さんから受け継いだ本場の味です。私が一番好きなメニューは、ココナッツミルクとレッドカレーのスープにモチモチ麺とカリカリ麺の両方が入った「カオソーイ」。このピリ辛加減と、ホロホロと崩れ落ちるほど柔らかい鶏肉が大好きです。トッピングの刻み野沢菜がいいアクセントになっています。

タイ料理 クアタイ

 

飯山の冬の風物詩 レストランかまくら村

スキーをたっぷり楽しんだ後は、かまくらの里へ幻想的な風景を見に行きませんか。

昼間のかまくらもキレイですが、夜のかまくらは全く異なる表情を見せてくれます。

毎年1月下旬から2月下旬までの約1ケ月間、雪で作られた20基ほどの「かまくら」が登場します。このかまくら、地元のお父さんを中心に結成された「かまくら応援隊」の皆さまが作成・メンテナンスをしてくれています。

かまくらの中では、信州みそ仕立ての「のろし鍋」を食べることができます。(要予約)かまくらの中は風が吹かないので、実はあまり寒くないのです。アツアツのお鍋を食べてさらにポカポカに。ここでしかできない体験、ここにしかない風景に、ぜひ会いに来てくださいね。

レストランかまくら村

 

スノーシューもやってみよう なべくら高原・森の家

スキーはしないからな…という方でも楽しめる、おすすめアクティビティがあります。

その名はスノーシュー

ふかふかの雪の上でも自由に歩き回れる便利な道具です。ご自身のスノーブーツに装着するだけなので、とても簡単ですよ。なべくら高原・森の家には気軽にスノーシュートレッキングが楽しめる散策コースがあります。

スノーシューをレンタルしたら、大雪原へ行ってみましょう!誰の足跡も付いていない、真っ白な平原がどこまでも広がる風景は一見の価値ありです。

お気に入りの場所を見つけたら、持参したカップ麺に、これまた持参したお湯を注いでランチタイム!この景色を見ながらのあつあつカップ麺の美味しいこと!もちろんデザートも持っていきます。飯山の冬のスイーツと言えば、バナナボートは外せません。冬になると市内の和菓子&洋菓子店で一斉に売り出されます。スポンジに生クリームとバナナを挟んだ、シンプルだからこそ美味しい一品。しょっぱいカップ麺のあとのバナナボートは絶対に美味しいのです。

なべくら高原・森の家

アクセス:上信越道 豊田飯山I.Cから約27km

 

特集「バナナボート」

※取り扱いのある和菓子&洋菓子店もこちらからチェック

 

飯山のスキー場とその周辺エリアの魅力は伝わったでしょうか。

振り返れば食べ物の話しかしていない気がしますが、最後にもう一つ食べ物の話を。

長野名物と言えば「おやき」ですよね。

中身の具材は何がお好きですか?私が冬に食べたくなるのは「さつまいもあんこ」です。

飯山駅構内のカフェパノラマテラスでも販売しているので、新幹線を待つお時間にでも、お茶と一緒にホッと一息できますよ。

カフェ パノラマテラス

 

▼飯山市全体の観光情報はこちらから

信州いいやま観光局

 

でも、栄村ではちょっと名前が違うようなのです。なんと言いましたっけ?

栄村秋山郷観光協会の芝田さ~ん!

 

2)豪雪とトマトと温泉と 栄村のスキー場

おやき」は小麦粉で作ったおやつですが、こちらでは米粉を使い、「あんぼ」と呼ばれているんですよ。

そんな栄村のスキー場を、栄村秋山郷観光協会 芝田がご案内します。

 

トマト抜きでは語れない さかえ倶楽部スキー場

さかえ俱楽部スキー場の一番の自慢はパフパフのパウダースノー。平日は極力非圧雪主義なんです。更に天気のいい日は絶景をお楽しみいただけます。病みつきになる開放感!

実はさかえ倶楽部スキー場は、一部の方に“穴場的スキー場”と言われています。

周辺有名スキー場と同じ雪質で、並ぶこともなくリーズナブルにお楽しみいただけるからなんです。

 

スキー・スノボのもう一つのお楽しみはゲレ食ですよね。

さかえ俱楽部スキー場のセンターハウス内レストランはどれもお手頃価格でお財布にも優しいんです。

しかもシーズン前にスキー場スタッフが漬けた野沢菜がなんと食べ放題!私も先日野沢菜洗いのお手伝いをしてきました。村内の集落天地(てっち)で採れた野沢菜は青々として美味しく浸かる事間違いなしです。

そして、栄村と言えば村で一個ずつ手摘みされてトマトでつくるトマトジュース。

おススメはそのトマトジュースを使ったトマトつけ麺です。私もときどき無性に食べたくなって、トマトつけ麺だけ食べにスキー場へ行くこともあるくらいです。

そしてそして!年明け以降にはスキー場敷地内でかまくらトマト鍋が始まります。かまくらの中であったか~いトマト鍋を食べて豪雪体験しませんか?

 

さかえ倶楽部スキー場

21-22シーズン OPEN!

アクセス:上信越道 豊田飯山I.Cから35km

 

アフタースキーはスキー場から車で6分の中条温泉トマトの国へ。天然温泉で温まりましょう。実はここの駐車場からの眺めも絶景なんですよ。

中条温泉トマトの国

アクセス:上信越道 豊田飯山I.Cから車で約60分

 

さらなる豪雪の高みを目指すなら 切明温泉

もう少しゆっくりしていきたいですか?それならスキー場から車で約50分の秘境秋山郷の最奥地、切明温泉へ。ただし、冬の切明温泉へ行くには色々条件があります。

①公共交通機関は乗継が大変なので特に冬期はお勧めしません。

②お車はもちろんスタッドレス。切明温泉へ唯一行ける国道405号は除雪が入りますが4駆マストです。

③雪道運転に慣れていない方にはお勧めしません

 

ハードル高過ぎますよね。すみません。なんせ秘境なので・・・。

紅葉だけでなく冬景色も素晴らしい切明温泉のお宿。冬期は3つの施設のうち、雪あかりと切明リバーサイドハウスの2施設が営業予定。(年末年始以外はご相談ください)中津川沿いに建つ2施設はどちらも露天風呂からの景観は最高。源泉かけ流しのお湯に浸かりながら眺める雪景色は「極楽」の一言ですよ。

切明温泉

アクセス:上信越道 豊田飯山I.Cから約76km

 

おやき」でも「あんぼ」でも、中身の具材で一番人気なのは、やっぱり野沢菜ですよね。芝田も大好きです。

野沢菜と言えばもちろん本家本元は野沢温泉村!野沢温泉観光協会の市川さんも、野沢菜はお好きですか?

 

3)食べて、すべって、あったまる!野沢温泉のスキー場

野沢菜は、野沢温泉村が発祥の地なんです。11月上旬に漬ける野沢菜は年が明けるころ、野沢菜漬けのおいしい時期を迎えます。この辺りの地域では漬物だけでなく、細かく刻んで油炒めにしたものや、野沢菜の粕煮などが食卓に並ぶんですよ。野沢菜の油炒めは、お土産屋さんや商店などでも購入できるので、お土産におすすめ。

そんな野沢温泉村を「野沢温泉で食べて、すべって、あったまる」をテーマに、野沢温泉観光協会の市川がご紹介します!

 

人気ゲレ食にも野沢菜!野沢温泉スキー場

長坂ゴンドラに乗車して山頂エリアへ行ってみましょう。ゴンドラキャビンから見えるのは、見渡すかぎりの雪景色。晴れた日は青空とのコントラストがたまりません。地元野沢温泉の人々も合間をぬってゴンドラに乗り、雪山に出かけます。スキーをせずにランチを楽しむこともあるんですよ。

野沢温泉スキー場

21-22シーズン OPEN!

アクセス:上信越道 豊田飯山I.Cから約20km

 

こちらはゴンドラ山頂駅すぐそばのレストラン「キッチンセアボス」。野沢菜漬けを使った人気のメニューをご紹介します。

こちらのガーリックステーキライスは、2014年長野県ゲレ食バトル1位を獲得しました。お昼の時間は長い行列ができることがある、人気のメニューです。刻んだ野沢菜を混ぜた野沢菜ライスの上に、目の前の鉄板で焼いたステーキがどんっと乗っています。お肉が焼けるまでの時間もワクワクしますよ。焼きたてのステーキと、野沢菜ご飯の相性はばっちりです。

オーダー後にレストラン内のオーブンでピザ生地を焼く、本格派のピザです。熱々の焼きたてを召し上がってくださいね。香ばしい照り焼きチキンに、とろーり溶けたチーズと野沢菜の塩気がたまりません。サイズが大きめなので、ご家族やお友達とシェアするのもおすすめですよ。

スキー場内レストラン紹介

 

山頂エリアにあるゴンドラの終点、やまびこ駅からリフトを2本乗り継ぐと、標高1,650mの毛無山山頂です。こちらは晴れた日に人気の、写真スポットのひとつ。

地元野沢温泉スキークラブOB会のみなさんも、スキーの合間に写真を撮って楽しんでいるそうです♪お天気のいい日はぜひ記念撮影をしてみてはいかがでしょうか。

 

温泉でじんわりあったまる!

野沢温泉村といえば温泉です。スキーやスノーボードのあとに入る温泉は、疲労回復や冷えた体をあたためるのにぴったり。野沢温泉村には13か所の外湯(そとゆ)といわれる共同浴場が点在していて、どなたでも入浴ができます。13か所の中から、おすすめの外湯をご紹介します。

熊の手洗湯はその昔、傷を負った熊がこの湯で傷を癒したと言われています。野沢温泉の湯は熱いことでも知られていますが、こちらは浴槽があつ湯とぬる湯に区切られていて、ぬる湯は入りやすい温度になっています。

大湯から少し下った場所にあるこちらの河原湯はい、熱いです。そんなときは浴槽に加水をして、かけ湯をしながら徐々に慣らしていきましょう。だんだんとこの熱さが気持ちよくなってきますよ。湯上りは、雪の日だってぽっかぽか。

野沢温泉観光協会 外湯めぐり

 

温泉街でスイーツを味わおう!

ふわふわのシフォンケーキといえば河原湯近くにあるカフェ、カルテです。さわやかな酸味のきいた、ニューヨークチーズケーキもおいしくてどちらにしようか迷ってしまいます。たくさんの本が壁一面に並び、落ち着いた大人の雰囲気。スイーツを味わいながらゆっくりとした時間をおすごしください。

カルテ(野沢温泉観光協会HP内) 

定休日:毎週月曜日

営業時間:10:30-17:00(16:30LO)/19:00-22:00(21:30LO)

 

野沢温泉の冬の定番おやつとして人気なのが、大湯通りにあるフキヤ商店バナナロールです。

こちらのバナナロールは30年以上の人気を誇ります。ふわふわのカステラに包まれたバナナと、しっとり生クリームのおいしさったら。甘さ控えめでどこか昔懐かしいスイーツは食べ歩きも良し、手土産にも喜ばれます。

飯山市ではバナナボートですが、野沢温泉ではバナナロール。呼び方のちがいもまた面白いですよね。

有限会社フキヤ商店

 

さきほどご紹介したバナナボート、飯山市が発祥の地なんですよね。

いろんなお店のものを食べ比べるのも楽しそうですね!

私は温かいこたつで食べるのが好きでしたが、今度スノーシューに行くときは、バナナボートを持っていってみようと思います♪

 

あなた好みのHOTな情報はありましたか

これから雪がどんどん降り積もりCOOLな豪雪地帯へと化していく飯山市、栄村、野沢温泉村の3エリア。

それぞれ自慢のスキー場でスキーを楽しめるのはもちろんのこと、かまくらに!グルメに!温泉に!スキーヤーでもそうでなくても楽しめることがたくさんあります。

あなたらしいスノーライフをお楽しみあれ!!

ナビゲーターは、信州いいやま観光局広報室 水野でした。

 

 

▶︎地元スタッフがオススメする信越自然郷冬の楽しみ方は他にも盛りだくさん!!

スキー場だけじゃない!!信越自然郷 冬のオススメアクティビティ+α

この冬がチャンス!ゆとりを感じる信越自然郷の「極上旅」!

 

▼フィールドの最新情報発信中!

信越自然郷アクティビティセンター

公式アカウントをフォロー

  

 

SEARCH

日本でも見られる北欧の風景!森の中をスキーでおさんぽしてみた!

現地からお届け!スキー場レポートVol.5 〜関温泉スキー場〜

【チャレンジ企画】日本の雪国でスキー通勤はできるのか!?