【2022最新】信越自然郷スキー場周辺のおすすめカフェ&グルメ

ウィンタースポーツ
#カフェ#グルメ#スイーツ#スキー#温泉

【2022/12/28更新】追記しました

こんにちは。最近飯山市内の古民家に引っ越した、地域おこし協力隊の佐川です。

さてさて!記事を書くのは久しぶり!そしてやってきました雪の季節。皆さま冬の準備はもう済んでますか?

今日ご紹介したいのは、信越エリアのスキー場周辺に今期新たにOPENしたカフェ&グルメ最新情報。スキーに行く前や、アフターの帰る前にちょっと寄っていただきたい、ローカルおすすめのスポット情報をお届けいたします!

【もくじ】

1| Cafe里わ(道の駅 花の駅千曲川)

2| BLUE BOTTLE COFFEE TRUCK(野沢温泉)

3| Sof& by MYOKO COFFEE(妙高高原ビジターセンター)

4| YUDANAKA BREWERY COMPLEX U(湯田中温泉)

5| centotto gelato(信濃町)

6| madarao coffee(斑尾高原)

 

1 |  Cafe里わ(道の駅 花の駅千曲川)

2022年10月に一部リニューアルオープンした道の駅 花の駅千曲川。併設のCafe里わも装いも新たに生まれ変わり、さらにオシャレな居心地の良い空間になりました。

位置的には野沢温泉スキー場に向かう途中にあるベストポジションとも言える道の駅。その他近隣には戸狩温泉スキー場斑尾高原スキー場木島平スキー場があり立ち寄りスポットとして非常に便利!

Cafe里わで個人的にオススメなのがモーニングメニュー。朝7:30からOPENしており、高速道路の渋滞をくぐり抜け、信越エリアに到着してホッと一息つける場所があるのは有難いですよねぇ(関東在住時代目線)。

モーニングでも里わカレー食べられます。

その他、農産物・お土産売場も広くなりさらにラインナップが充実しております。今シーズン、ぜひ一度はお立ち寄りを。

Cafe里わ

長野県飯⼭市⼤字常盤7425 [MAP]

営業時間 7:30~17:00(L.O 16:30)

(直売所・お⼟産コーナー 8:00~17:00)

定休日 12〜3⽉:毎週⽊曜⽇

駐車場 あり

TEL: 0269-62-1887

[Instagram] [Twitter]

 

2 | BLUE BOTTLE COFFEE TRUCK

話題の「ブルーボトルコーヒートラック」がこの冬信州に初上陸!なんと野沢温泉に!しかも天然水を使用したコーヒーを提供するとのことで、早速行ってきました!!

アメリカ・サンフランシスコで誕生したブルーボトルコーヒーは、世界で100店舗以上展開している人気のカフェです。

そんなカフェが期間限定で野沢温泉にやってきてくれました。朝7:30からの営業なので、長坂ゴンドラに乗る前に美味しいコーヒーがゲットできます!素晴らしい!!

コーヒー豆は、標高の高い場所で沸点が低く、温度の低いお湯でも美味しく淹れられるようにとオリジナルで焙煎された「アウトドアブレンド」が提供されていました。都内の店舗に行ったことがある方も、野沢温泉の雪解け水で淹れたここでしか飲めないコーヒーをぜひ飲んでみてくださいね。

BLUE BOTTLE COFFEE TRUCK in NOZAWA ONSEN

長野県下高井郡野沢温泉村大字豊郷7812 野沢温泉ロッヂ前 [MAP]

営業時間 7:30~15:00

期間 2022/12/16〜2023/2/12

定休日 なし

駐車場 なし

[Instagram] [Twitter]

 

3 | Sof& by MYOKO COFFEE

2022年4月にオープンしたまるでリゾートラウンジのような妙高高原ビジターセンター。誰でも自由に無料で入館できる施設内には、妙高戸隠連山国立公園の魅力が可愛く、わかりやすく説明されている展示室や、THE NORTH FACEのショップが入っており、池の平温泉アルペンブリックスキー場妙高杉ノ原スキー場赤倉観光リゾートスキー場赤倉温泉スキー場など妙高エリアのスキー場に来た際には一度立ち寄っていただきたい新たなおすすめスポットになりました。

その施設の中に入ったのがSof& by MYOKO COFFEE妙高で自家焙煎しているコーヒー豆を利用している美味しいコーヒーを、山が目の前に迫る絶景ソファでいただくなんて至福以外の何ものでもありません。涙

妙高に滞在していたら、1日くらいここでのんびり過ごしたくなってしまう様な居心地のいい空間です。

Sof& by MYOKO COFFEE

新潟県妙高市大字関川2248-4 [MAP]

営業時間 9:00〜17:00

定休日 なし

駐車場 あり

[Instagram]

 

4 | YUDANAKA BREWERY COMPLEX U

2022年10月にオープンしたこちらのオシャレな施設、YUDANAKA BREWERY COMPLEX ”U”(ユダナカ ブルワリー コンプレックス ユー)!湯田中温泉に新しくできたクラフトビールのブルワリー(醸造所)で、タップから美味しい出来立てのクラフトビールが飲める他、お土産にぴったりのチョコレートの販売や、スイーツ、カフェが楽しめる魅力満載のスポットができました!

車で来訪する方も安心してください。お土産用に瓶のクラフトビールも販売されていますよ!志賀高原で滑った後にぜひお立ち寄りください。

オシャレな空間はこれだけではありません。なんと日帰りで楽しめる完全個室のプライベート温泉&サウナもあります。泊まりはできないけれどプライベートでラグジュアリーな時間を過ごしたい方にぴったりですね。今までにありそうでなかった個室プライベート温泉施設。完全予約制とのことで詳細は公式ホームページをご確認くださいね。

YUDANAKA BREWERY COMPLEX U

長野県下高井郡山ノ内町佐野2578-1 [MAP]

営業時間 10:00〜19:00

定休日 カレンダー

駐車場 20台

[Instagram] [Twitter]

 

5 | centotto gelato(チェントットジェラート)

2022年8月にオープンした大人気のお店、centotto gelato(チェントットジェラート)をご紹介します!田舎では珍しいこのお洒落な建物で、入る前から期待が高まります。

信濃町産で採れた名産の甘いとうもろこし等の野菜やフルーツを惜しみなく使って、店内で手作りされるジェラートは、素材の味がダイレクトに伝わる逸品です!

そしてこのジェラートに使用されている野菜やフルーツには隠れたストーリーがあるんです。それは、直売所などで廃材となってしまう余剰の野菜やフルーツを利用しているということ!サラッとSDGsが考えられているのがカッコイイですよね!

戸隠スキー場や、黒姫高原スノーパークいいづなリゾートスキー場で気持ちよく滑り終えた後に、この美味しくて優しいジェラートを食べたら…想像するだけで最高です。

centotto gelato

長野県上水内郡信濃町柏原3442-1 [MAP]

営業時間 10:00〜18:00

定休日 年末年始 (12/31-1/3)

駐車場 あり

[Instagram]

 

6| madarao coffee

最高の場所に待望のカフェができました。斑尾高原スキー場第7駐車場に今年現れたおしゃれなトレイラーカフェ『madarao coffee(マダラオコーヒー)』

スキー、スノボをする方だったらわかる方多いと思うのですが、お腹いっぱい滑った後、駐車場に着いてギアの片付けをして、車で帰る前に美味しいコーヒーを飲んで一息つきたいと思いませんか?そんな私達の願いを叶えてくれた、このmadarao coffee!

「もう何年も斑尾に通い詰めている」と話してくれたスキーヤーでもある店主さんに、ハンドドリップで丁寧に淹れていただくコーヒー。

私が伺った日はフルーティな浅煎りとビターな深煎りの2種類から選べました。時間のある時はカウンター席に座って「今日の雪、軽くていい雪だったね!」なんて、1日の振り返りをするのも最高です。そんな楽しい話を一緒にできたら嬉しい、と仰っていました。

大きな窓からは斑尾山を一望。ドリンクを片手に、話が弾む事間違いなしです。

コーヒー類の他、スパイシーで体が温まるマサラチャイやクラフトコーラもあります。斑尾に滑りに来た日はぜひお立ち寄りを。

madarao coffee

長野県飯山市飯山11492-401

斑尾高原スキー場 第7駐車場内 [MAP]

営業日 今シーズンは土日のみ(予定)

営業時間 詳細はインスタグラムにて

駐車場 あり

[Instagram]

 

新しいお店が続々オープン!信越自然郷のカフェ&グルメ

今回は信越自然郷のスキー場周辺で楽しめるカフェ&グルメの最新情報を現地よりお届けいたしました。

今年はインバウンドのお客様も戻ってきて外国のようなお店が新たにOPENしたり、他にも素敵なお店が続々とできています。「スキーに来たけれど、ちょっと天気がイマイチ…。今日は早めに下りようか」なんて日の参考にもなれば嬉しいです!

最後までお読みいただき有難うございました!皆様、最高のスノーシーズンをお過ごしください!

スキー場やスノーアクティビティの最新情報を発信中。アクティビティセンター公式SNSも是非フォローしてくださいね!

 

 

SEARCH

現地からお届け!スキー場レポートVol.6 〜さかえ倶楽部スキー場〜

現地からお届け!スキー場レポートVol.5 〜関温泉スキー場〜

ローカルの路線バスを乗り継いでスキー場まで辿り着けるか!?