「トレランの聖地」と呼ばれる斑尾高原を走ってみた

登山・トレッキング
#お一人様OK#トレイルランニング#仲間とワイワイ#斑尾高原
斑尾高原トレイルランニング

あなたはもう走ったかしら♪黄色いシューズが緑に映えて♪

(某有名フォークソング調でどうぞ)

 

こんにちは。

夏はトレラン、冬はスキーを中心に外遊びを提案しているインサイドアウトスキークラブの田中jです。

一発目の記事なので、丁寧に自己紹介をしてみました。どうぞよろしくお願いいたします。

 

突然ですが、みなさんは「斑尾高原」というフレーズから何を想像しますか?

スキー場?パウダー?トレッキング?キャンプ?バスフィッシング?

僕はですね、もう圧倒的に「トレイルランニング」です。

 

そう。これ。

斑尾高原トレイルマップ 

 

右のマップを広げると、こう。ちなみに、僕はもう想像でトリップできる域に到達しています。

斑尾高原トレイルマップ2

 

レースが開催されるフィールドは日本全国に多々ありますが、日常的にランナーを受け入れているトレイル、ランナーに対してオープンなスタンスをとっているトレイル、日本にいくつあるでしょう?

斑尾高原、それはそれはオープンスタンス。

もはや、八重樫の域。

八重樫を知らない人は 八重樫 ヤクルト とググってください。

 

説明不要とも言える「斑尾トレイル」

ですが、おさらいの意味を込めてちょっと紹介してみますね。

もう走ったことある人も、少しの間お付き合いください。

 

新緑のトレイル

いきなりきましたね。ホームラン級のブナ林トレイルです。

 

ブナ林を抜けて

フカフカのトレイル。

たとえ登りであったとしても、足が自然と前に出ます。

ここは袴岳山頂に向かうトレイル。

山頂からの景色はあえて非公開とします。実際に走ってみてのお楽しみ。

 

「シングルトラック」って言葉知ってますか?

僕が訳すとですね、「昇天道」て感じですね。

記事を書いているだけで気持ちが高まってきて、今にも昇天しそうです。

 

雨の斑尾トレイル

ちなみに、雨だとこんな感じ。

美しい。。。写真のクオリティがイマイチなのが残念ですが、それでも美しい。

正直、僕はブナ林が一番「映える」コンディションは雨だと思っています。

これを語りだすと非常に長くなるので、割愛します。

 

とまあ、ここまではよくあるトレイル紹介ですよね。

ここからが斑尾トレイルの真骨頂です。

希望湖のほとりで遭遇

みなさん、この方知ってますか?

僕の予想ですと、この記事を読んでいるみなさんが「この方を知っている率」は全盛期のイチローの打率を超えますね、おそらく。

会っちゃうんですよ。ラン仲間に。別に打ち合わせとかしてないのに。

週末ともなるとかなりの確実で。

プライバシーの問題もあるので、ここではヒゲおじさんと呼ぶことにします。

 

そして走り出す

そして、娘はヒゲおじさんに弟子入りしました。

僕は娘と散歩に来たんです。天気がよかったから。

なのに、ヒゲおじさんは娘を連れて行った。

てか、娘が勝手について行った。(残された僕は一人希望湖を散策)

 

僕は何を言いたいのか。

そう、ここ斑尾には、トレイルランナーが自然と集まってくるのです。

秋葉原にオ○クが集まるように。(あ、今はそんなにいないのか)

誰かが「聖地」と規程したわけじゃない。

特定ジャンルの方々が自然と集まる。

するとそこは「聖地」と呼ばれるようになるのです。

これこそ、斑尾トレイル最大の特徴であり、最大の楽しみでもあります。

 

2007年にスタートした「Madarao Forest Trails」、その2年後にスタートした「信越五岳」。

日本におけるトレイルランニングのパイオニア石川弘樹さんが、2つのレースと共にもたらした新たな文化。

 

まだ訪れたことがない方も、もう一度訪れたいと思っている方も、もう飽きるほど走っている方も、

改めて斑尾高原、そして信越エリアのトレイルの「味」を噛み締めに、走りに来てみてはいかがでしょうか?

 

まとめ(と気をつけたいこと)

  • まずはトレイルマップをGET、記事に登場したマップは信越自然郷アクティビティセンター、まだらお高原山の家で入手できます。
  • 信越エリアのトレイルは様々な生物の生息エリアです。熊鈴、ポイズンリムーバー、水は必携装備と考えてください。
  • ハイカーも多く利用するトレイルです。すれ違いの際は歩く、立ち止まるといったマナーはもちろん、気持ちよく挨拶を交わしましょう。
  • 週末は高確率でランナーに出会いますが、「密集」しているわけではなく、1時間に1回さわやかな挨拶を交わせるぐらいの感じです。
  • 森の中を走るトレイルがほとんどです。雨の日は雨の日なりの楽しみがあります。しっとりとした雰囲気を楽しんでください。

 

 

名称 斑尾高原トレイルランニングフィールド
住所 長野県飯山市斑尾高原 まだらお高原 山の家
電話番号 0269-64-3222(斑尾高原観光協会)
営業時間 09:00 〜 17:00
Webサイト http://www.madarao.tv/trailrunning/
備考 上記時間帯は斑尾高原観光協会(まだらお高原 山の家)がオープンしている時間となります。 定休日:毎週水曜日(繁忙期を除く、詳しくはwebサイトにてご確認ください) 上記以外の時間帯、および斑尾高原観光協会がお休みの時は、信越自然郷アクティビティセンターにお問い合わせください。