色とりどりに輝く。絶景紅葉スポットをご紹介します!

登山・トレッキング

飯山市、野沢温泉村、栄村の観光協会スタッフがオススメする紅葉スポットと+αの楽しみ方をご紹介!

 

辺りの田んぼは黄金色に染まり、景色はすっかり秋らしくなりました。気候も穏やかになってくるこの季節。外に出て新鮮な空気の中で過ごしたいと思っている方もいるのではないでしょうか。また、これから本格的な秋を迎えると楽しみなのが、色とりどりの紅葉。

トレッキング、サイクリング、ドライブ、皆さんはどのように紅葉を楽しみますか?

トレッキング派!という方は、この秋80kmから110kmに延伸し益々魅力的になった信越トレイルの情報も気になりますよね。今回は、そんなトレイルの近くに位置する飯山市、野沢温泉村、栄村のおすすめ紅葉スポットと、この地域の滞在をより楽しんでもらいたい!との想いで、紅葉と共にお楽しみいただける+αの情報を各観光協会スタッフがお届けします!信越トレイルルートの一部になっているスポットや少し寄り道して訪れることのできるスポットの情報が満載です。

トレイルを歩く方もそうでない方も、旅のご参考に。

もくじ

1 | セピアな景色に抱かれる 斑尾高原(飯山市)

2 | ブナの森を満喫!なべくら高原(飯山市)

3 | 国道405号線ドライブ あなたの知らない秋山郷へ(栄村)

4 | 温泉だけじゃない!野沢温泉村で味わう非日常(野沢温泉村)

 

1 | セピアな景色に抱かれる 斑尾高原(飯山市)

最初にご紹介するのは、信州いいやま観光局スタッフがオススメするスポット。

北陸新幹線が停車し、信越自然郷の玄関口である飯山市。新潟県との県境に位置する関田山脈の尾根沿いは信越トレイルのルート。その一部、またはちょっと寄り道して行ける場所には美しい紅葉の景色が広がります。トレイルのルートと聞くと、相当歩かないといけないんじゃないの?と思うかもしれませんが、今回ご紹介すのは、車でもすぐそばまで行けちゃうスポットです!

 

一味異なる紅葉が楽しめるかも!?沼の原湿原

JR北陸新幹線飯山駅から車で13km、時間にして約20分の位置にある斑尾高原・沼の原湿原。信越トレイルのセクション1の一部であり、たくさんのトレイルルートがあることから、トレッキングの人気スポットです。

春は水芭蕉やリュウキンカが咲き誇るこの湿原。実は紅葉がとっても綺麗なのですよ。湿原内を歩くと、周りを取り囲むように紅葉が広がります。オレンジや黄色、茶色が多くセピア調な印象。少し落ち着いた大人な雰囲気で穏やかな気持ちに。

もちろん紅葉最盛期は必見!なのですが…。紅葉初期には不思議な光景を見ることができるかもしれません。紅葉は、通常標高の高い場所から低い場所へと徐々に色がかわりますが、ここはその逆。なんと低い場所から紅葉が進みます。不思議!

その理由は、周りを森に囲まれ、湿原自体が小さな盆地となっており、冷たい空気が下に流れ込むためなのだとか。見頃は例年10月中旬〜下旬。湿原内は、高低差がほぼなく、一部木道も整備されているので、ゆったり歩いて紅葉を楽しむことができます。

紅葉と共に楽しみたい!飯山の食をテイクアウトで

食欲の秋。歩いていたらお腹が空いてきた…。そんな時、美味しい昼食が待っていたら最高ですよね。お店で食べるのも良いですが、テイクアウトし紅葉を眺めながら外で食べてみるのはいかがでしょうか。心地よい秋の風を感じながら食べるごはん。普段よりもより美味しく感じるかもしれません。

こちらは高橋まゆみ人形館併設のcafé 花あかりの秋限定メニュー『金華サバのサバ缶バーガー』(テイクアウト730円)

飯山の人々はサバ缶が大好き。そんなサバ缶好きの中でも更にサバ缶をこよなく愛す地元有志メンバーによる「 飯山サバ缶プロジェクト 」が販売している飯山オリジナルパッケージ「SABASKI」のサバ缶を使用したメニュー。トマトソースがたっぷり!サバとトマトと野菜のうま味を感じるバーガーです。

 

美味しいごはんを手に入れてから、目的地へ出かけてみましょう!

 

斑尾高原観光協会・山の家

http://madarao.tv/learn/yamanoie.php

 

高橋まゆみ人形館 café花あかり

https://www.ningyoukan.net/cafe/

 

飯山市内テイクアウト可能なお店(2021年7月30日更新)

https://www.city.iiyama.nagano.jp/assets/files/shoukan/0730takeoutlist.pdf

※飯山市内には、他にもテイクアウトをできる飲食店が沢山。

 

2 | ブナの森を満喫!なべくら高原(飯山市)

一周する間に様々な表情を見せてくれる「茶屋池」

関田峠を少し下ったところ、鍋倉山の中腹にある「茶屋池」は、知る人ぞ知る紅葉の名所。池のすぐそばまで車で行くことができるため、紅葉ドライブにもうってつけのスポットです。信越トレイルセクション4のルートからも歩いて寄り道できる場所にあります。

池を一周する「池廻りコース」と、「ブナ林コース」の2つの遊歩道があり、どちらも約1キロ、40分ほどなので、気軽に紅葉を楽しむことができます。のんびり歩けば自然と深呼吸をしていることに気がついて、さわやかな気分になること間違いなし。例年の見頃は10月中旬~下旬です。

 

鍋倉山一帯はブナの天然林が広がっており、紅葉は黄色が中心。森の中で空を見上げると、緑→黄緑→黄色→オレンジの美しいグラデーションが目に飛び込んできます。

 

足元に目を向ければ、ブナの実やドングリ、かわいいキノコも見つけられますよ。

 

車道沿いから見た茶屋池

 

落ち葉のじゅうたんが足にやさしい歩きやすい遊歩道

 

金色に輝く森に包まれる、なべくら高原・森の家遊歩道「里山こみち」

茶屋池から車で30分ほど山を下ると、体験宿泊施設「なべくら高原・森の家」があります。

かわいらしいドングリ屋根のコテージの奥へと、ユニバーサルデザインの遊歩道が続いています。

車イスの方でも楽しめる木道とウッドチップの道は、約2キロ、40分ほどで一周できます。例年の見頃は11月上旬~中旬です。

おすすめはハンモックの森。ブナの木々を繋ぐように、たくさんのハンモックが下がっています。

寝転んで見上げた景色がこちら。

こんな風に木を下から見上げることって、なかなかない体験です。気持ちがよくて、お昼寝したくなります。

森の家の敷地の中でも一番のおススメは、遊歩道からさらに奥に進んだ、通称「奥のブナ林」と言われている場所です。見渡す限りブナの木々に囲まれて、目に映るのはどこまでも続く黄金色。小さな沢を渡り、少し坂を登った先にあるため、なかなかここまで来る人は少ないのですが、たっぷり歩きたいという方はぜひ、時間をかけて回って欲しいところです。(クマさんと出会わないように、森の家のフロントでクマ鈴をレンタルしてくださいね!)

散策のあとは、森の家のラウンジでコーヒーなどいかがでしょうか。おススメは「やよい農園のアップルパイセット(650円)」です。

米粉マイスターであり農家である弥生さんが添加物を使用しないで作るお菓子は、道の駅花の駅千曲川などでお土産に買うことができますが、こうして店内で食べられるのは森の家のラウンジだけなのです!

なべくら高原・森の家

https://nabekura.net/

 

やよい農園の台所

https://yayoinouen.jimdofree.com/

 

▼お問い合わせ

信越自然郷 飯山駅観光案内所

TEL:0269-62-7000

年中無休 8:30~18:00

 

3 | 国道405号線ドライブ あなたの知らない秋山郷へ(栄村)

ここからは、栄村秋山郷観光協会スタッフがオススメするスポットをご紹介!

紅葉の名所として人気のある「秘境・秋山郷(あきやまごう)」。信越トレイルセクション9,10の境目にあたる小赤沢集落もそんな秋山郷の一部です。少し足を延ばすと広がる絶景紅葉スポットをご堪能あれ。

「きれいだな~」と眺めるだけでも楽しいですが、「ここを見て!」というポイントもお見逃しなく!

 

見上げるなら真下から!圧巻の布岩

長い布を何枚も垂らしたように見える柱状節理。屋敷集落にある布岩(ぬのいわ)です。

遠くから全体を眺めるのも良いですが、一番のおススメは真下から!岩の横幅はどのくらいあると思いますか?なんと約150メートルもあるのです。見上げると大迫力!更に秋は、紅葉とのコラボが大変美しいですよ。

 

屋敷集落にある民俗資料館の近くから眺める中津川の風景も実はおススメポイント。

有名な観光スポットではないですが、ここからの写真もちょっと素敵でしょ?

 

散策路を抜けて…「いこいの杜」でひとやすみ

次に向かうのは、上野原集落の「天池(あまいけ)」です。穏やかな天気の日は水面に鳥甲山(とりかぶとやま)が写ります。紅葉の時期は、絶好の撮影ポイントとして写真愛好家の皆様に人気のスポット。池一周できる散策路を抜けると、木漏れ日が差し込む休憩スペース「いこいの杜」が現れます。梢の囁きを聞きながら、のんびり座ってみる時間もいいものですよ。紅葉の見頃は10月下旬~11月上旬です。

 

疲れたら池の脇の「いこいの杜」へ。白樺の木の下でひと休み。

 

自分だけの足湯を作ってみよう!

秋山郷の一番奥、終点は切明温泉です。切明橋の上から見える夫婦滝(めおとだき)と紅葉のコラボは必見です!シーズン中は交通量が多いので、切明温泉の駐車場に車やバイクを止めてから、滝を見に行ってくださいね。清らかな中津川は青く見えるので、水と紅葉のコントラストが美しいですよ。10月中下旬~11月上旬が見頃です。

 

この河原、なんと川底からブクブクと温泉が湧き出ているのです。駐車場隣りの宿泊施設「秋山郷雄川閣」でレンタルをしているスコップを担いで、いざ河原へレッツゴー!源泉54度と熱めなので、川の水と温泉を混ぜ合わせて、丁度良い温度の自分専用の温泉を作ってみませんか。

夏には水着で野天風呂を楽しまれる方もいらっしゃいます。涼しくなると河原まで行く方が少なくなるのですが、個人的にはこの足湯がおススメ!雄川閣でコーヒーをテイクアウトして、ここで足湯をしながら飲むと気分は最高です。

 

最後に、小さいけれどとっておきの秋山郷をひとつご紹介。

切明温泉の駐車場から河原の湯に行く途中に大きな桂の木があります。この時期は醤油団子のような甘じょっぱい、いい香りがしてきます。実は桂の木は別名「香の木」と言われていて、栄村秋山郷ではお盆が近くなるとこの葉っぱでお香を作っていたのです。葉っぱは可愛いハート型です♡

黄色く色付いたハートの葉っぱをぜひ探してみてくださいね。

 

秋山郷 雄川閣

http://yusenkaku.yadoroku.jp/

 

▼お問い合わせ

栄村秋山郷観光協会

定休日:月曜日

営業時間:9:00~17:00

TEL:0269-87-3333

 

4 | 温泉だけじゃない!野沢温泉村で味わう非日常(野沢温泉村)

 

最後にご紹介するのは、野沢温泉観光協会スタッフのオススメスポット!

村の名前に日本で唯一「温泉」が付き、温泉街に点在する13の外湯めぐりが人気な野沢温泉村。

しかし!名物の温泉街の他にも魅力がたくさんあるんです!

 

狙うは透明な床板のキャビン!ゴンドラから眺めるブナ林の紅葉

秋の野沢温泉の魅力はなんといっても紅葉。10月に入ると徐々にブナや白樺、ダケカンバなどの広葉樹が黄色や橙色に染まります。

 

長坂ゴンドラに乗って、秋の上ノ平高原へ行ってみましょう!山頂駅までは約10分。昨年12月にリニューアルした野沢温泉スキー場の長坂ゴンドラは、10月31日(日)まで毎日運行しています。360度のパノラマが楽しめるキャビンからの景色をお楽しみください。床面がガラス張りになったキャビンもあるので、足元をのぞき込むと絶景が広がります。

 

ゴンドラを降りると、山頂駅周辺には山野草を中心としたピクニックガーデンが!めずらしい山野草や赤とんぼが飛び交い、秋の風景が目の前に広がります。

 

紅葉と一緒に味わっていただきたいのが、上ノ平高原「キッチンセアボス」のランチ。お天気のいい日は、ピクニックガーデン内にあるテーブルで食べるのがおすすめ。ご家族やお友達と山で食べるご飯は、いつもよりおいしく感じるから不思議です。野沢温泉観光協会ではゴンドラキャビン内でランチを楽しめる「ゴンドランチプラン」を販売中!ゴンドラに乗る前に、ぜひお求めくださいね。

 

見れたらラッキー!紅葉と雲海のコラボレーション

お車でお越しの方におすすめの場所が「見晴台」からの眺め。温泉街から上ノ平高原へ向かう林道の途中にある、こちらの見晴台。秋晴れの日の午前中には雲海が辺り一面を覆い、この時期だけの風景をご覧いただけます。

 

紅葉した葉っぱに白樺の白い幹が映えます!車の窓を開けて秋の風を感じながらゆっくりとドライブするのも気持ちよさそうですね。

 

車の窓から見える紅葉の風景は、思わず車を停めて写真を撮りたくなってしまいます。周りをぐるっと見渡した風景は、非日常そのものです。

 

ゴンドラでお越しの方も、お車でお越しの方も、足を延ばしてもらいたいのがスタカ湖。スタカ湖へは、上ノ平高原から約1.7km。温泉街からは約12km。湖畔をゆっくりと散策し、ノスタルジックで非日常な風景を味わってみてください。

 

野沢温泉観光協会「ゴンドランチプラン」

https://nozawakanko.jp/gondlunch/

 

野沢温泉スキー場

https://nozawaski.com

 

▼お問い合わせ

野沢温泉観光協会

TEL:0269-85-3155

年中無休  8:30~17:30

 

知られざる紅葉スポットは、まだまだたくさんあるのです。

今回ご紹介した紅葉スポットは、信越自然郷の中のほんの一部にすぎません。また有名な観光地でなくても、のどかな田舎道の一角にハッとするほど美しい紅葉があったりします。そんな紅葉との出会いも、旅の醍醐味ですね。

この記事の紅葉を見ながら旅行するイメージを膨らませて、楽しんでもらうことができたら嬉しいです。

 

 

SEARCH

紅葉の信越 北国街道を巡るおすすめモデルコースをご紹介!

妙高の名瀑「苗名滝」へトレッキング

信越人的休日の過ごし方 ~やってみました SEA TO SUMMIT 斑尾・野尻湖~